甘すぎなくてかわいいラパン

私の憧れの車はスズキの軽自動車ラパンです。軽自動車なので「憧れ」という言葉は似合わないかもしれませんが、女子ドライバーとしては憧れの車です。
好きなポイントは、角ばり過ぎず、丸っこ過ぎないフォルムです。ラパン以外の女子向けと思われるインテリアに凝った軽自動車などは、やや丸すぎます。遠めに見ても「かわいい」印象です。その点、ラパンは適度にボックス型の印象を残していて、見ようによってはおしゃれ男子が乗りそうなミニクーパーに似てもいます。

遠めに分かるフォルムはガーリーすぎませんが、内装にこっそり施されているウサギのマークや、もちろん選べるシートデザインなど、乗車する女子が嬉しくなる工夫が随所にあります。
カラーバリエーションが2トーンカラーも用意されていて、「目立ちすぎるのは嫌だけれど、あまりにもよくある車なのも物足りないな」と思ってしまう私には理想的です。
もちろんスズキですからエネチャージ他環境性能も高く、エコカー減税対象車でもあり、見た目だけではありません。
街乗りドライブ用にぜひ乗り回したい憧れの車です。

可愛らしい大好きな車
わたしが好きな車は、フォルクスワーゲンの「ビートル」です。憧れの車は、TOYOTAの「ハリアー」と「オデッセイ」です。ビートルの好きなところは、タイヤの上の丸まった形のかわいさです。あと小柄でとてもかわいいです。丸々としている感じがとにかくかわいくて好きです。ハリアーの好きなところは、中は五人乗りの普通車なのに、見た目が大きくかっこ良く見えるところです。

キリッとしているところとかもとても好きで、魅力を感じます。オデッセイの好きなところは、とにかく大きいところです。ですが、高さがあまりないところが好きです。車高が少し低めなところとかが、遠くから見ていてもとてもかっこよく見えるのでわたしは好きです。

(PR)
国産旧車の買取で高く売るコツのまとめ
http://xn--lckha5a1dwm3ey780ai80f.com